ひげ 脱毛器

女性のひげ脱毛について。

女性の方でも濃いひげでお悩みの方は少なくありません。
女性はひげが薄いのが当たり前だと思われている分、ひげが濃いと大きな悩みになりますね。

 

カミソリで毎日ひげを剃っていると刃でできた小さな傷口から細菌が侵入し、炎症をおこすリスクがありますし、ヒゲと一緒に肌表面の皮膚まで剃り落としているので、皮膚の負担は相当大きいといえます。
炎症が繰り返し起こると、色素沈着による黒ずみができたり、肌荒れによる毛穴の盛り上がりが目立つようになるので注意が必要です。

 

ひげの自己処理に限界を感じたら、専門家に脱毛を依頼するのがおすすめです。
医療機関では医療用のレーザーを使う医療レーザー脱毛や医療用の針を使うニードル脱毛でひげ脱毛を行っています。

 

どちらも医師本人や医師の指導のもと看護師が施術を行うので、万が一、火傷や赤みなど肌トラブルが起こったときにはたいへん安心です。

 

医療レーザー脱毛は一度に広い範囲の脱毛が可能で、痛みもそれほど強くないため人気の脱毛法ですが、レーザーが毛のメラニン色素に反応して熱を発生させ毛根にダメージを与えるため、色素の薄いムダ毛には効果が少なくなります。

 

ニードル脱毛は、毛穴に針を刺して微電流を流して毛根を焼き切る方法で、毛の色素に関係なく非常に脱毛効果が高いことで知られていますが、とても痛みが強いことと、一本一本施術するので時間がかかりその分料金が高額になってしまいます。

 

ですので、ひげ脱毛の広い部分は医療レーザー脱毛で行い、狭い部分はニードル脱毛で行うなど上手に併用することがおすすめです。